【独断】 スタンダードタイヤのベンチマーク

ESSE装着用155/65-13サイズのタイヤを多数装着使用しましたが、
これまで満足できるタイヤには、出会えなかったですね。

ESSEタイヤ

今回、ミシュラン・エナジー・セイバーを装着使用して、
はじめて満足できるタイヤに、巡り合えました。
「構造のしなやかさは、流石ミシュラン」、と言えます。


参考重量(実測値)
 ・ミシュラン・XM1:6.0kg
 ・ミシュラン・セイバー:5.3kg
 ・DL・DZ101:5.68kg
 ・DL・EC202:5.25kg
 ・DL・EC203:4.7kg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

国産タイヤ、エゴノミー一辺倒!
XM1はスポーティタイヤのようなテイストでしたが、構造の硬さとノイズの大きさが残念でした。
そのサイズのエナジーセイバー、興味深いです。

アジアンタイヤの台頭か?

日本製タイヤメーカーのスタンダードタイヤを装着して、
感動したことは一度も無いですね。
可もなく不可もなく、「性能の売りが無い」。
これでは、アジアンタイヤが「安さを武器」に進出してきますよ。

ミシュランを使用すると、スタンダードタイヤでも、直進性、
ウェット性能、乗り心地、ハーシュネスの少なさ、グリップ等
日常使用での快適さが充分以上確保されています。
日本製タイヤより少し高いですが、満足度ではミシュランの勝ち。

「安かろう」商品だけを、市場&ユーザーが要求している訳では無い、のです。
プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる