FC2ブログ

【懸念】 気になる業界人の発言(2例)

2年前(2014年頃)の業界有名人の発言例。

1、自動車評論家:S氏の発言
「最近の新車開発現場では、素人が寄ってたかって開発している」、と。

【独断:補足説明】
・この発言、「当たらずも遠からず」、という印象。
・開発担当部位が、極度に細分化されている。
・自分の担当部位以外は、口出しできない&しない風潮有。
・新車の全体像を把握しているのは、上層担当責任者のみ。
・設計部署には、派遣社員&契約社員が多数を占めている。
・上層担当責任者の実力が、下がっているのかも?
・部外者にこんな発言をされるようでは、情けない現状かも?

2、本田技研工業社長:I氏の発言
本田技術研究所の所員に向かって、「君たちの半分は要らない」、と。

【独断:補足説明】
・I氏は、正直な性格をしているのかも知れません?
・使い物にならない所員が多すぎる、と嘆いたのでしょうか?
・「速く作れ、安く作れ」と喚き、その結果リコールの嵐。
・その後I社長には、「技術研究所:出入り禁止令」が出された。

・一般的に組織の人物分布は、下記のようになります。
  優秀な社員:全体の2割。
  可もなく不可もない:全体の6割。
  酷い&お荷物:全体の2割。
・上記のことを、「組織の2-2-6原理」と言います。
 マネージメントをする上で重要なのは、6割の人物を
 いかに優秀な人物に近づけ、戦力化することなのです。

・I氏の発言により、
 優秀な所員は、お馬鹿な社長の発言に飽きれて(?)大量離職。
・I氏、社長を解任され平取締役へ、事実上の更迭人事。
2016年秋以降、本田技研は中途採用大量募集を行った訳。
・少しは、「まともな商品が開発されること」を、願っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うーん。

民間の会社でも規模が大きくなればなるほど「お役所化」へ
傾いて行く気がするんですが・・・それが「商品」という形で
集約される企業、しかもひとつ百万円以上のものとなると
「社員が自分でナニ作ってるのか誰も分からない体質」は
相当マズいんじゃないの?・・・と感じます。

不景気とクルマ離れ(これは業界自ら招いた感も強し)、
加えて年毎に環境規制のお仕着せ連打で、既に長いこと
日々目先の利益を追うだけで精一杯という空気が出来て
しまい、今の自動車業界は疲弊しているように見えます。
シロウト目で眺めても。

そんな中で出来上がって来た商品でも一定の数は売れる。
これが罪深いところで、「あー、こんなものでも良いんだ」と
その後の商品もライバル他社も同じ路線をトレースする。
ユーザーは「愛車を乗り潰した末に、限られた選択肢の中で
止む無く妥協を重ねて買い替えただけ」かもしれないのに。

本質的な魅力が抜け落ちた「税制も含めたお得感頼り」の
クルマ作りでは、もう先が見えています。
車作りのノウハウが軽視され続けるなら電気動力化が進む
未来には家電業界も乗り出して来るかもしれません。

「見て乗りたくなる」「乗ると欲しくてたまらなくなる」国産車。
果たしてそんな時代は帰って来るのでしょうか・・・?

駅のポスター

うちの会社の最寄り駅のホームに"世界最速を作ろう"というキャッチコピーの某F1のポスターがありました(笑)わざとらし過ぎて、昼休みに職場でも話題になって出面白かったです。さて、世界最速になれるのでしょうかね~?!

ホンダの歴代社長の印象

当方の個人的な印象。

3代目久米社長&4代目川本社長の頃が、最もホンダが勢いがあり、
将来を期待させる雰囲気を醸し出していましたね。

それ以降は、大企業病に陥り、小物社長の続投となりました。
I社長の更迭人事は、社内の荒廃振りが表面化してきた事例。

有能な社員が大量離職とは、尋常な社内環境ではないですよ。
ホンダには、期待できませんね~。
プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる