FC2ブログ

【休刊】 「自動車工学」誌、65年の歴史に幕

自動車業界でお仕事をされている方は、皆様ご存知の
「自動車工学」誌が、とうとう休刊となりました。


  日本のモータリゼーションが急成長する前、1952年(昭和27年)6月号が創刊。
  日本の自動車工業が、質&量とも世界トップクラスに達した現在、静かに幕引き。
  最終号は、2016年(平成28年)11月号。
  発行元:(株)鉄道日本社

当方も20歳代の頃、購読したことがありますが、中身は
  ・自動車整備&技能の書籍。
  ・自動車工学という誌名とは、異なる内容。

時代の流れである、
  ・活字離れ
  ・書籍販売の低迷&長期化
  ・書店の閉店
  ・自動車雑誌の販売数激減
時代の流れの中で、その存在価値を高めて存続させるのが、困難になったのでしょう。


以下、実例。
あるモータースポーツ雑誌の例:
   地方の競技主催者が競技開催するので、取材希望&要請をしました。
   すると、取材経費:30万円を負担していただけたら、取材&誌面公開します。
   モータースポーツ振興より、金儲け優先なのでしょうね。
   主催者は、利益無&ボランティア主催しているのに。

あるチューニング雑誌の例:
   零細チューニングSHOPが、取材希望&要請をしました、勿論宣伝目的で。
   すると、取材経費:30万円を負担していただけたら、取材&誌面公開します。
   単なる、宣伝&広告企業なのでしょうね、出版社は。
   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近、自動車雑誌を読んでもそんなに面白いと思えなくなってしまいました。
最近は例の本を読んで、エンジニアの視点を勉強中です。

人は進歩&成長するもの

読者が、進歩&成長し利口になるのに、
自動車雑誌の中身は何も進歩しない。

数年購読すると、自動車雑誌離れします。
至極、当然の帰結です。

自動車の研究開発部門で仕事をし始めると、
「自動車技術」誌、各自動車メーカーの「技報」を、
読むようになります。

残念

いろいろな意見はありますが、25年前からトラック整備をしていた私は、ガソリンエンジン整備はあこがれでした。三年前まで購読してましたが、いま、気が付いたら廃刊とは・・・。
自工を批判するインテリさんは
整備士はいらなくなるのでしょうか
裏事情があるのかもしれないけど、期待してた人は居たと思います。
携帯、パソコン検索以外にこの様な情報誌は存在しないのですか?

プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる