FC2ブログ

【警鐘】 くるま文化を葬り去る、自動車大国:日本

自動車大国とは、
自国で培ってきた技術&伝統&歴史&文化&芸術の総合力と、
自動車業界人の情熱による産物であることを、全国民が理解している国。
自動車を生み出した、「背景と誇り、そして先人達への尊敬の念」
があってからこそ、言及できる言葉。



たかだか、10数年間使用しただけの自動車に増税を課し、スクラップ化を促す
などという「心無い」法制度で、歴史的&文化的価値を有する古い車を、葬り去ろうという、
この国のお役人達の頭には、人類&人間様に対する畏敬の念のカケラすら無い。

確かに、最近の日本車に多い
「志の低さ、美的センスの無さ、違和感溢れる操作性」等の例では、
「購入即査定0、スクラップ化した方がよいような産業廃棄物」、
程度の出来栄えでは、新車が売れないのも道理である。

自動車の作り手の情熱など、どこに感じられるだろうか。
10~20年後、日本の自動車製造業界は、現在の家電業界の
悲惨さ&地獄を味わうことになるかも知れない。

そうどこの誰もが、自動車大国とは言わなくなる時代が、もうそこに来ていますよ。
生産数量だけで、自動車大国と語らないで欲しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かつてのように、日本から志高い車が増える事を願っております。
こんな時代の中にありながら、ESSEという貴重な車種と巡り会えた事に喜びを感じずにはいられません。
乗ってすぐにスクラップ宣告を言い渡さなければならない車は…。
熱意ある方に、開発の現場を仕切っていただきたいものです。

No title

私も家電の進んだ道を国産車も歩むのではないか?と思っています。

それと共に、過去に生産した車への尊敬というか誇りというものがまるで無いのが悲しく思います。
過去があるから未来があるのですが、過去をバカにして未来は成り立たないと思います。

うわ・・・。

動画を見るよりも先に本文を拝読して「イイね!」させて
頂きましたが・・・いやこの動画、すげェ・・・(涙目)。
シムカ・アバルトやビアルベロ、そしてチシタリアまで。
全力疾走する姿を見たの初めてです・・・絶句する他
ありませんでした。

ウチのNA8にもキャブ組もうかしら・・・(←おバカ)。

コーナーの連なりを動物のように躍動する軽いボディ。
スロットルに呼応し吠える、エンジンの野性的な息吹。
そして、個性溢れるヴィブラートの効いた加速音・・・。
どうして時代が「エコ」の名の元に、こんな官能的な
DNAをドツン!と断ち切ってしまったのか、全く理解
出来ない自分です。

とある旧車雑誌の小インタビュー欄で、自称車好きと
いう某議員が「15年経過は増税、でも30年経過車は
減税、なんていうプランはどうですか?」と得意げに
語っていましたが・・・本物じゃないな、とガッカリです。
「その15年~30年の間に生き残りを潰すから後世に
残らない、それが旧車世界の現状じゃないかよ、と。

スバルとマツダが国産二大メーカーになってくれたら
愚かな国政も変わってくれるのかな・・・と妄想しつつ
昭和型クルマ馬鹿の暴言コメントを閉じたいと思います。

コメント、ありがとうございます。

1940~1960年代のイタリア車が、数多く元気な走りを魅せてくれています。
もの心がつく以前の名車が、21世紀の現代に「息吹を伝えてくれる」イベントに、
幸せを感じます。

デザインの多様性は、筆舌に尽くし難い面がありますね。
空力に対する当時の知見が、徐々に変化していることが、
読み取れ面白いです。

贅沢な希望としては、同年代の日本車(スバル360、310&410ブルーバード、ダットサン240Z、
観音開きクラウン、トヨタスポーツ800、トヨタ2000GT、ベレットGT、いすず117クーペ)も、
走ってくれれば、日本人は当然として地元イタリアのくるまマニアも、
大変喜んでくれたのに、と勝手に妄想しています。
プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる