FC2ブログ

【情報】 ヒルクライム競技の規則

木曽・御岳山近辺で開催されている、
BRIGヒルクライム・チャレンジシリーズが、大変な人気で、
ヒルクライム競技が、完全に定着した感があります。

一般公道を閉鎖し行われる競技である為、いくら
公道閉鎖しているとは言え、公道であることに違いはありません。
競技区間に移動する際、一般公道を走行する場合も多いのです。
近隣住民の民家の近くも、移動走行いたします。

以前、冷却性能を高める為、登録番号プレートを外して
走行した参加者がいた為、主催者がゼッケン番号、氏名を
公表して、口頭で厳重注意したことがあります。
毅然としたスタンスで臨む主催者の言動は、立派だったと思います。

  過去、色んな競技に参加したことがありますが、
  助手席を外して競技に出走する方を、たまに見かけます。
  軽量化して、ライバルより速く走りたい気持ちはわかりますが、これはNG。
  登録番号付車両の場合、助手席を外す行為は禁止です。

2017年のALL JAPAN HILL CLIMBでは、
この点が、明確に明文化されました。

  12月10日(日)に開催される、四国・「おおとよヒルクライム2017」でも
  登録番号付競技車両の 「助手席外しは禁止」 となっております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今後各地にこの様なイベントが拡散して根付いて行くためには大事な事だと思います。

今後の展望(希望的観測)

数年以内に、四国でヒルクライム競技が定着する、と思います。

この流れは、九州地方、中国地方にも波及し、誰もが楽しめ、
地域社会にも貢献できるモータースポーツ競技として、
全国的に認知&支持される動きになる、と思います。
プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる