【保護連絡】 絶滅希少車:ESSE-MT

平成22年式、ESSE-D-MT、走行:2万kmを保護いたしました。
車体色:ルージュレッドクリスタルメタリック(希少車体色)

赤左前

飼って幸せを共にしたい方は、ご連絡ください。
ESSE-MTのような車は、もう出現&市販してくれませんよ。

ESSEに採用されている「枯れた技術」は、運転好きには宝物。
枯れた技術(例):
 ・メカニカル(機械式)スロットル
 ・油圧パワーステアリング
 ・ロッドコントロール式マニュアルトランスミッション


俺6

最新型車に多い
 ・不愉快&不自然な電子制御スロットル&制御プログラム
 ・不自然&不愉快な電動パワーステアリング&制御プログラム
 ・人間様の気持ちを逆なでする電子制御式操作系が多い。すなわち、
  運転すること→ストレスになる新型車では、人間様は幸せになれませんから。

いつになったら、違和感の無い自然なアクセル操作感&
ステアリング操作感の新型車を、出してくれるのだろうか?
20年以上待っているのにーーー。


最近、20世紀製自動車(中古)の人気が大幅上昇しているのは、
「操作系の余計な電子制御、大きなお世話」と、感じている
くるま好き&運転好きユーザーが増えてきた証拠でしょう。

ESSE-MTは、間違い無く「名車」の仲間入りを果たした、と思います。
「ファン・トウ・ドライブ」という評価軸では、
ESSE-GTIと同等の最新型車は、極少数。
過去:1800車種以上の試乗&評価経験有のじいさんですがーーー。

スポンサーサイト

【実例】 ESSEの非力感:解消策

ESSE-MT(純正ノーマル仕様:F/D:4.933))での不満を列挙してみます。
 ・1速~2速は、力強い加速で満足。
 ・3速にシフトアップすると、力強さが不足。
 ・4速の力強さ&加速力は、余り期待できない。
 ・5速は、ハイギヤード過ぎ非力。
 ・山坂道では、2速までで3速は余り使えない。
 ・高速道の僅かな上り道でも、4速へ頻繁にシフトダウンが必要。

大野1

ESSE-MTの動力性能改善案を、ご紹介。
エンジン本体は、当然無改造が前提条件ですよ。

1、155/65-14、145/80-13:外径:558mm装着車なら、
  165/55-14、155/65-13:外径:536mmに変更する。
2、ビッグボアスロットルに変更する。
  (純正ノーマルΦ40mm→Φ42~Φ44mm)

3、F/Dを変更する.
(純正ノーマルF/D:4.933→F/D:5.545、5.923)
4、4速クロスレシオに変更する。

上記の3、4、の仕様変更には、かなりの予算が必要ですので、
まずは、1、2、を実施して体感してみてください。
3~4速の非力感の、70~80%は解消されます。
費用も格安で、性能向上できます。


【画像説明】
  3速、4速の非力感解消の為、F/D:5.545化MT-Assyに交換しているESSE号。

【命名?】 部品:トーコン・リミッター

ESSE専用部品を、自作いたしました。

黒ドナツ

【効果】 高G旋回時におけるリアサスペンションの横方向の
      無駄&余計な動きを抑制し、車体後部を安定させる。

ご興味のあるお方は、ご連絡ください。

2017年5月:ESSE-GTI-Rオフ(?)@木曽・御岳

前泊先(5/12)は、いつもの黒澤館です。
黒澤館

競技初日(5/13)生憎の雨模様、黄色ESSE号・出走前の仕様変更に、ライバル達も興味津々(?)。
THC交換

競技2日目(5/14)快晴、ESSE-GTI軍団勢揃いの画。
ESSE軍団1

ESSE-GTI愛好者、全員集合(5/14)。
優勝したのは、誰でしょうか?
集合写真1
ヒント:ぺんぎんではなく、ライオンのように吠えています(笑)。

【残り:1台】 希少:程度上:ESSE-MT

走行:1万kmのアイボリーESSE-MTは、
GTI-R仕様に変身して、お嫁に行くことになりました。

前灰白

走行:1.3万km、シルバーESSE-MT、平成21年11月式。
車検2年付、13インチ白アルミ&新品タイヤ付。
ご興味のある方は、ご連絡くださいませ。
プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる