【俯瞰】 ESSE-MT愛好者の生態

これまでESSE愛好者の方、数100名の方々とお話させていただきました。
今回は、ESSE-MT愛好者の生態を、ご紹介いたします。

黄緑1

年齢層:40~50歳代が多い。
性別:男性がほとんど
過去の愛車遍歴:20歳代は、MT車を愛用。
結婚&子育て時期:家族も使用するので、仕方無くAT車を愛用。


40歳~50歳代で、ESSE-MTにした理由:
 ・子育てが一段落したので、自分好みのMT車に回帰。
 ・ESSE-MTなら、家計への負担が軽微。
 ・家族に反対されない、ESSEのキャラクター。
 ・好きなスポーツ走行も可能。
 ・チューニング費用が安価、部品も無数。
 ・格好可愛い。
 ・予想以上に速い。
 ・速度リミッターが、ついていない。
 ・8000rpmまで使える元気の良いエンジン。
 ・不愉快な電子制御デバイスが無いのは、特にうれしい。
 ・新型車(日本製新車)には、何の魅力も感じない。

想定外の効果&楽しさ:
 ・両手&両足を駆使するので、運転にメリハリが出る。
 ・右脳&左脳を働かす為、脳が活性化しボケ防止になる。
 ・運転することが、すこぶる楽しい、シアワセ。
 ・年金生活者でも、モータースポーツを楽しめる。
 ・58psをフルに引き出して走れるのは、くるま運転の醍醐味。

どうです、ESSE-MTが、欲しくなったでしょう~(笑)。

【補足】 過去の統計データのみの分析で、MT車を商品ラインナップから無くす判断をした
     多くの日本車メーカーは、日本市場の足元から撤退を加速させています。
     確実かつ堅実なビジネスチャンスを逃がしている、ということ。
     市場を創造するという気概が無い、という証拠。

     現実には、日本国内営業担当が、新車ディーラーに出向いて
     「新車販売拠点を、減らしていただいてもいいです」、と公言しています。
     日本市場を軽視する日本車メーカー(負け組)は、日本には要らない。 
     お客様&販売会社社員を、馬鹿にしているというか失礼ですよね~。
        
スポンサーサイト

【現実&悲劇】 自動ブレーキと言えるデバイスは、存在するのか?

先日、ある高齢の「くるま無知」ユーザーAさんとの会話(例)。

A:自動ブレーキ付の新車を、次は買います。
くるまじい:なぜ、自動ブレーキ付の車を買うのですか?

A:うっかりした時とか、ボンヤリして運転している時に、ぶつからないので安全。
くるまじい:うっかり運転&ボンヤリ運転するのは、人間様に問題有ですよね。

くるまじい:そういう運転をよくしているようでは、世の為人の為に、
       運転免許証を早期に返納いたしましょう。
        今現在の自動ブレーキは、発展途上の未成熟な
       技術ですので、ぶつかることもあるのですよ。


くるまじい:人間様は、数100億円もするスーパーコンピューターに匹敵する頭脳(能力)を
       持っており、五感(センサー)をフル動員して安全運転いたしましょう。
       安全デバイス付加装置に、過剰&過大な期待を抱くのは考えものですよ。

【感想】 一般庶民は、「自動ブレーキ=完全無欠な安全デバイス」、と勘違いしていますね。
      一億総白痴化を進める「広告&宣伝」の無責任さを、感じます。
      「お客様は、無知程洗脳しやすく&金儲けになる」、という、
       詐欺まがいの「宣伝&広告」に、巷は溢れています。 ご用心を。
      公式的には、「被害軽減ブレーキシステム」、と表記されるようになっていますが。
      

【懸念】 気になる業界人の発言(2例)

2年前(2014年頃)の業界有名人の発言例。

1、自動車評論家:S氏の発言
「最近の新車開発現場では、素人が寄ってたかって開発している」、と。

【独断:補足説明】
・この発言、「当たらずも遠からず」、という印象。
・開発担当部位が、極度に細分化されている。
・自分の担当部位以外は、口出しできない&しない風潮有。
・新車の全体像を把握しているのは、上層担当責任者のみ。
・設計部署には、派遣社員&契約社員が多数を占めている。
・上層担当責任者の実力が、下がっているのかも?
・部外者にこんな発言をされるようでは、情けない現状かも?

2、本田技研工業社長:I氏の発言
本田技術研究所の所員に向かって、「君たちの半分は要らない」、と。

【独断:補足説明】
・I氏は、正直な性格をしているのかも知れません?
・使い物にならない所員が多すぎる、と嘆いたのでしょうか?
・「速く作れ、安く作れ」と喚き、その結果リコールの嵐。
・その後I社長には、「技術研究所:出入り禁止令」が出された。

・一般的に組織の人物分布は、下記のようになります。
  優秀な社員:全体の2割。
  可もなく不可もない:全体の6割。
  酷い&お荷物:全体の2割。
・上記のことを、「組織の2-2-6原理」と言います。
 マネージメントをする上で重要なのは、6割の人物を
 いかに優秀な人物に近づけ、戦力化することなのです。

・I氏の発言により、
 優秀な所員は、お馬鹿な社長の発言に飽きれて(?)大量離職。
・I氏、社長を解任され平取締役へ、事実上の更迭人事。
2016年秋以降、本田技研は中途採用大量募集を行った訳。
・少しは、「まともな商品が開発されること」を、願っております。

【酷い:ご時勢】 一億総白痴化

1957年に、社会評論家:大宅壮一氏が生み出した流行語。
当時急速なTVの普及により、低俗な映像&情報が撒き散らされ、
人間の想像力や思考力を低下させることに、警鐘な鳴らした言葉。

21世紀に入り、インターネットもTV並みにほぼ普及。
得体の知れない情報が無数に垂れ流され、愚かな国民は、
その情報を鵜呑み&振り回され、一億総白痴化につき進んでいます。


愛車のテールパイプに、ステンレスタワシを巻いてみたり、
所かまわずアルミテープや金属片を貼ってみたり。
「オカルト企業」にとっては、国民を上手く洗脳すれば、
ボロ儲けできるうれしい時代が到来したのです。

「国民は、馬鹿程うれしい。そのまま愚か者でいて欲しい」、
と「オカルト&ボロ儲け企業」は願っているのです。
下品で良心と品格の無い企業&組織が、蔓延しています。

こういう視点で周囲を眺めますと、これまで見えなかった
世界が見えてきて、興味が尽きることがありません。

補足:特許とは、発想がユニークであれば取得できます。
    特許取得していても、効果を保証しているとは限りません、念の為。

究極のエコ

乗る度に、愛車の素晴らしさに感動し、幸せを感じさせてくれる、そういう「くるま選びが大切」。



「究極のくるまエコ」は、日々愛着を感じさせてくれるくるまに、乗り続けること。
20年でも30年でもーー。


「くるまは、人間様に幸せをもたらす心の通った道具」であるべき。
プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる