【仕様の概略】 ESSE-GTI-R:ヒルクライム仕様

4年程前から、木曽・御岳のヒルクライム競技にESSEで参加しています。
当初は、GTIスペックサスペンションを装着しただけの仕様で参加、
GTIスペックサスペンションが、御岳ヒルクライムコースで充分
競技走行が可能という結論を得ました。

3ESSE

それ以降、毎年参加してトランスミッションのギヤ比仕様違い等の実走行評価確認も実施。
2017年5月の大会では、ESSEは総勢:6台もの参加となりました。
秋以降の大会には、あと2~3名のESSE愛好者が参加検討中の模様。

2017年5月時点でのESSE-GTI-R(ヒルクライム参戦車)の概略仕様を公開。
【全車共通の仕様】
 ・エンジン:純正ノーマル無改造
 ・車体補強:FTG&トランクフロア補強バー付
 ・ロアアームバー付
 ・前後スタビライザー
 ・GTIスペックスプリング
 ・GTIスペックダンパー
 ・F/D:5.545化
 ・4速クロスレシオ化
 ・タイヤ:165/55-14
 ・ブレーキマスターシリンダーガセット(BMCG)
 ・フロントストレーキ

【個別の対応仕様】
 ・LSD:未装着車もいます
 ・クラッチ:コペン用装着車の方が多い
 ・吸気系:純正無改造車の方が多い
 ・排気系:純正無改造車の方が多い
 ・ロールケージ:未装着車の方が多い
 ・タイヤ:セカンドグレードラジアル装着車の方が多い
 ・ブレーキPAD:BRIG-MF6100-VSZ装着車が多い

ESSEでの参加者*6名は、急速に運転スキルを向上させており、
「そろそろ全員:優勝候補と言えるハイレベル」な状況になってきました。
スポンサーサイト

日本車メーカーのF-1参戦は、「散財と時間の浪費」と言われそう!

トヨタのF-1参戦、ホンダの第3期F-1参戦、
第4期マクラーレン・ホンダF-1参戦。

年間予算:数100億円&技術スタッフ*数100名を投入し、
各々10年弱の参戦で、トヨタ:0勝、
ホンダ:第3期1勝、第4期ブービー相当が定位置。

F-1界で最大規模の「人、物、金、設備」を投入してきた
日本車メーカーの、この実績やいかに???。

日本の物作り&技術力の低下、そして組織&
技術者の資質的問題を象徴しているかのような
実績に観えるのは、当方だけでしょうか?


三菱MRJも、5度目の納期延期、大丈夫でしょうか、技術立国・日本は?

【レース動画】 ESSE愛好者の熱い走り

四国、阿讃バトルCUP第1戦。



優勝は、黄緑ESSE-GTI-RのK氏。

【視点】 モータースポーツは、「散財と時間の浪費」だろうか?

タイトルの肯定 or 否定は、置いといて、

LSDヘリカル

当方が、年*2回:御岳ヒルクライムに遠征している理由。

1、 自分で仕上げたESSE号の最終性能確認の場(技術蓄積)
2、 仕様変更毎の性能差確認の場(技術蓄積)
3、 ESSE仲間との語らい&お楽しみ(親睦)
4、 ヒルクライム仲間との語らいお楽しみ(親睦)
5、 運転スキルの向上(自己研鑽)
6、 気分転換&リフレッシュ(健康管理)
7、少しの社会貢献

週末の貴重な時間ですから、有意義に楽しく過ごしたいものです。
想いは、「最下位であっても、楽しいイベントが理想」。

5月の御岳遠征で、色々確認したいことがあります。
1、オレンジESSE号で参加する場合
・タイヤ性能比較(PP2 VS ZⅡ)
  2016年:MI-PP2で参加
  2017年:DL-ZⅡで参加

2、水色ESSE号で参加する場合
・LSD有無性能比較
  2016年:オレンジ号(ヘリカルLSD付)、タイヤPP2
  2017年:水色号(LSD無)、タイヤPP2


2、ローパワー車のターマック路限界走行では、LSDが無くても、走らせ方&
サスペンション仕様を工夫すれば、同程度のタイムを出せるのでは、と考えています。
LSDは、フリクションそのものですから。

はてさて、どちらのESSE号で遠征しましょうか??
やはり、収穫が大きそうなのは、2、の方ですよねーー。
LSD無シルバーESSE号で、上位入賞されているH氏もいますから。

【検討中】 ESSE-GTI-R・レンタル化計画

ESSE-GTI-R・ヒルクライム競技仕様車が、2台体制(オレンジ号、水色号)となりました。
身体は、ひとつしかありませんので、乗れるのは1台のみ。
そこで画像の、水色ESSE-GTI-R号の貸出し計画を練っています。

狙い&目的:ESSE-GTI-Rの楽しさ&素晴らしさを、多くの方に競技体験していただきたい。

特に、電制スロットルや電動パワーステアリングの違和感溢れる操作感に馴らされているお方には、
「枯れた技術で作られたアナログESSE号」の素直さ&自然さ&気持ち良さに、感動を覚えるチャンス。

2色水ESSE

【水色ESSE-GTI-R:車両詳細仕様】
・車体関連:6点式ロールケージ(2名乗車用:クロモリ製)装着済み
        FTG(フロントトップガセット)付
        トランクフロア補強バー付
        フロントロアアームバー付
・空力部品:フロントストレーキ付
        リアストレーキ付
        リアアンダーカバー付
・エンジン関連:純正ノーマル無改造
          5W-30化学合成油使用
・駆動系:F/D変更済み
      4速クロスレシオに変更済
      LSD無
      純正ノーマルクラッチ
・サスペンション関連:前後スタビライザー追加装着済み
              GTIスペックダンパーに変更済
              GTIスペックスプリングに変更済
・ブレーキ関連:フロントブレーキPAD変更済
          DOT-4+ブレーキフルード使用
・タイヤ&ホイール:165/55-14ミシュランPP2(ip:210/190kPa)
             5.5J-14アルミ、インセット+43mm
・内装:レカロSR-3セミバケットシート付
     4点式シートベルト付
     MOMOステアリング付
     フットレスト付
     タコメーター付
     アクセルペダル変更済
     メルシート剥がし済み
     ETC付
概略の改造費用総額:90万円(工賃込)

ご興味のある方は、e-mailで御連絡願います。
仕様&性能的には、2016チャンピオンカー・オレンジESSE号とほとんど同じ。
御岳ヒルクライム:上位入賞可能なスペックです。

続きを読む

プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる