【芸術】 名曲は、永遠に人々の心を揺さぶる。

1960~1970年(青年時代)の音楽が、自分にとっては一番身近にありました。



音楽は、人間が創造した「最高の芸術」ですね。
スポンサーサイト

【実例】 癒しの行動パターン

最近、こういう行動パターンが増えました。
まずは腹ごしらえ、高松空港近くの「かわたうどん」へ直行。

かわたうどん

今年は特に冷たいので、「牛鍋うどん」を楽しむ。
玉子&もち、も入っています。

肉鍋

おなかを満たした後は、「香南楽湯」でくつろぎます。
湯上り後、1~2時間仮眠いたします。

香南楽湯

高松市香南町:2月の最低気温:-5℃、という新記録。

【世相】 狂っている日本:怒りの一言

地球上には、「飢餓で苦しんでいる人々が、数億人もいる」
というのに、日本国のこのざまは何事か?

資源の多くを海外からの輸入に頼っているにも関わらず、
「スクラップ&ビルド」を延々と繰り返し、廃棄物を
大量発生させている、という「本末転倒?の島国・日本」。

金儲けの為には、詐欺師まがいの
ブーム&火付けをする業界人が無数にいます。
日本国&日本人は、節操の無い国&国民と言われそう。

クリスマス、バレンタイン、恵方巻き、ホワイトデー、ハローウイン他。
節操の無い「お馬鹿と思える日本人像」が、そこにはありますね。
嘆かわしい日本の現実&世相です。

以下、ネット情報です。

【勿体無い】今年も恵方巻きを大量破棄!
販売ノルマに疑問視も!「食品の無駄遣い」

 「節分の日」の恒例行事となった恵方巻きの販売イベントですが、
今年も大量に売れ残りや生産過剰が発生しています。
恵方巻きの販売問題は毎年のように浮上しており、
破棄される食品の量が、平時の2倍以上に激増する日です。

 コンビニやスーパーは大量販売していますが、
全て売り切れることはあまりありません。
これは販売側が不足を恐れて大量に恵方巻きを用意させるからで、
結果的に大量の売れ残りを誘発させることになっています。
場所によっては従業員に販売ノルマを設定し、
売れ残りを引き取らせる会社もあるみたいです。

 国民からも「勿体無い」「こんなことをする必要はない」
などと反発や不満の声が多く、今の大量破棄には
多くの人々が疑問を感じていると言えるでしょう。

【実例】 快適な夏の過ごし方

まずは、かわたうどんで「肉ぶっかけ・うどん(冷)」をいただく。
お値段:730円(税込)

肉ぶっかけ

温泉:道の駅・香南楽湯に入る。
入浴料:シニア料金:510円(税込)

香南楽湯

木の風呂のジャグジーを愉しむ。

風呂

仮眠もできます。
2~3時間は、充分にくつろげますよ。
今年の夏は、20回以上通いました、無事に夏を乗り切りました。

プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる