【速報動画】 御嶽スーパークライム:2017/5月

2017年5月14日:第3戦



ESSE*6台参戦。
御岳スーパークライム2017、Vol.2結果
1位 小木田  ESSE
2位 平井   ESSE
3位 安井   アルト
4位 松本   ESSE
5位 蒲原   ESSE
6位 大石   ESSE
7位 代田   ツイン
8位 山地   ESSE
スポンサーサイト

【遠征】 御岳スーパークライム2017

2017年5月13日(土)~14日(日)に開催される木曽・
御岳スーパークライムに参加エントリーしました。

今年から参戦車両を、「くるま相談室・BRIG-ESSE・水白号」に変更。
昨年のチャンピオンカー「くるま相談室・オレンジESSE号」の仕様に対して、
LSD装着無と表面的にはデチューン??
果たして、自己ベストタイムの更新が出来るのでしょうか?

自己ベスト

2017年4月30日、群馬CSCで開催された「峠アタック」において、
松本君、小木田君の若者ESSEコンビが、長足の進歩を遂げております。
平井さん、大石さん、蒲原さんのベテラン組も、
うかうか出来ない状況になってきました。

2017,5,8追記:遠征予定のESSE愛好者:全6名(出身地)。
         大分県:1名
         香川県:2名
         兵庫県:1名
         京都府:1名
         埼玉県:1名

皆様、現地でお会いいたしましょう。

日本車メーカーのF-1参戦は、「散財と時間の浪費」と言われそう!

トヨタのF-1参戦、ホンダの第3期F-1参戦、
第4期マクラーレン・ホンダF-1参戦。

年間予算:数100億円&技術スタッフ*数100名を投入し、
各々10年弱の参戦で、トヨタ:0勝、
ホンダ:第3期1勝、第4期ブービー相当が定位置。

F-1界で最大規模の「人、物、金、設備」を投入してきた
日本車メーカーの、この実績やいかに???。

日本の物作り&技術力の低下、そして組織&
技術者の資質的問題を象徴しているかのような
実績に観えるのは、当方だけでしょうか?


三菱MRJも、5度目の納期延期、大丈夫でしょうか、技術立国・日本は?

【技術蓄積?】 ビッグボア・スロットル実用評価実験

ダイハツKF-VE用メカニカル・スロットルのボア径アップ商品が、
市場に出回っており、すでに装着されている方もいるのでは、と思います。

43スロ

当方は、ボア径:3種類試作して、ただいま実用評価テスト中。
  ・基準仕様1:純正無改造Φ40mm品
  ・比較仕様2:Φ42mm品
  ・比較仕様3:Φ43mm品
  ・比較仕様4:Φ44mm品

実験結果&結論は、公開いたしませんが、
ご興味のある方は、ご連絡くださいませ。

【残り:1台】 希少:程度上:ESSE-MT

走行:1万kmのアイボリーESSE-MTは、
GTI-R仕様に変身して、お嫁に行くことになりました。

前灰白

走行:1.3万km、シルバーESSE-MT、平成21年11月式。
車検2年付、13インチ白アルミ&新品タイヤ付。
ご興味のある方は、ご連絡くださいませ。
プロフィール

くるまじい

Author:くるまじい
くるま好き、モータースポーツ好き、音楽好き、映画好き、のじいさんの独り言。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる